相続手続きの入り口は相続人調査

全ての相続手続きの出発点は、相続人の調査といえます。相続人を調査することによって、誰が相続人なのか、取得する相続分割合はどれだけなのかが確定します。また、遺言書がある場合であっても、遺言書に記載されている相続人や受遺者が戸籍謄本では存命なのか、遺言記載内容が相続関係と正しいのかを判断するために必要となってきます。

相続人の調査は、亡くなった方の戸籍謄本や除籍謄本を、各役所で収集しながら進めていくことになります。亡くなった方が婚姻、離婚、養子縁組などをしているときは、戸籍謄本を読みながら、必要な戸籍を順次集めていかなければなりません。

戸籍謄本は法定相続人全員につながるまで収集する

民法では、相続人の範囲につき、次のような規定がありますので、戸籍謄本の収集にあたっては、まずこの規定を理解しておく必要があります。

  • 常に相続人:配偶者
  • 第一相続順位:子、子が亡くなっているときは孫
  • 第二相続順位:両親、両親が亡くなっているときは祖父母
  • 第三相続順位:兄弟姉妹、兄弟姉妹が亡くなっているときは甥姪

この規定をもとに、まず亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本をすべて集めていきます。そして、第一相続人がいないときは、第二相続人に関する戸籍謄本もすべて集める必要があります。第二相続人がいないときは、第三相続人に関する戸籍謄本もすべて集めなければなりません。

第一相続順位の子が亡くなっており、孫が相続人となるときは、その子の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本も集めなければなりません。

第二相続順位の相続手続きの場合、子や孫がすでに亡くなっているときは、子や孫の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本もすべて収集する必要があります。

第三相続順位の相続手続きの場合、両親や祖父母がすでに亡くなっていることの証明のほか、第三相続順位の相続人を明らかにするため、両親や祖父母の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本をすべて収集します。

また、兄弟姉妹が亡くなっており、兄弟姉妹の子である甥姪が相続人となるときは、その兄弟姉妹の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本も集める必要があります。

このため、第二相続順位、第三相続順位の戸籍謄本の収集がある場合は、戸籍謄本の収集は、かなり労力がいる作業となります。

相続人と面識がない場合や行方不明の場合

相続人戸籍行方不明
相続人を調査していくと、今まで疎遠であったり、会ったことのない親族が戸籍謄本から現れてくることがあります。このような疎遠な相続人であっても連絡を取って相続手続きに協力してもらう必要があります。

また、相続人が行方不明の場合は、別途、相続人が行方不明であることを調査したうえで、失踪宣告の手続きを行う必要があるかもしれません。

最終的には、相続人と疎遠になっている場合や、行方不明になっている場合であっても、法律で定められている手続きを活用して、相続手続きを完了させることができます。

相続人が海外にいる場合

相続人が海外にいる場合は、印鑑証明書が出ない場合がありますので、相続手続き内容に応じて海外文書を用意することがあります。

また、海外にいる相続人が死亡し、第二相続が開始しているときは、日本国内の戸籍謄本だけでは相続手続きができないため、事情に応じた海外文書を用意しなければなりません。

メール質問
よくある問い合せ

 

関連項目