戸籍謄本で相続人の存在を証明する

戸籍謄本を収集する理由は、亡くなった方の相続人を公的文書で証明するためです。

亡くなった方の戸籍を見れば、お亡くなりになった日が分かります。また、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を確認することにより、相続人となる子供や配偶者がいるのかが確認できます。

相続人の現在の戸籍謄本を確認することにより、被相続人のお亡くなりになった日以降に、相続人が存命であるかどうかがわかります。

被相続人よりも前に、推定相続人の方が亡くなっている場合は、代襲相続が生じる可能性があります。

各種戸籍謄本の違い

相続人調査

戸籍謄本は、いくつかの種類があります。

戸籍全部事項証明書
現在の戸籍に属するすべての人が記載されています。戸籍謄本とも呼ばれます。
戸籍一部事項証明書
現在の戸籍に属する特定の人のみが記載されています。戸籍抄本とも呼ばれます。
除籍全部事項証明書
すでに閉鎖された戸籍に属するすべての人が記載されています。除籍謄本とも呼ばれます。
除籍一部事項証明書
すでに閉鎖された戸籍に属する特定の人のみが記載されています。除籍抄本とも呼ばれます。
改製原戸籍
戸籍法が変わると、新しい戸籍法で戸籍謄本が作成されます。改製原戸籍は、法律改正の戸籍の戸籍のことです。「はらこせき」とも呼ばれます。
旧民法時代の戸籍謄本
第二次世界大戦の終戦により現在の民法が施行されました。旧民法時代の戸籍謄本は家制度の戸籍謄本となります。大正4年式戸籍、明治31年式戸籍、明治19年式戸籍、明治5年式戸籍があり、それぞれ記載の形式が若干異なります。明治5年式戸籍は、身分事項が記載されているため、一般に開示されることはありません。

戸籍謄本で法定相続人を証明する

相続での戸籍謄本は、通常、戸籍全部事項証明書を集めていきます。

まずは、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を集めて、第一順位の法定相続人を探していきます。

第二順位相続人、第三順位相続人が、法定相続人となる場合は、前順位の相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本も集めます。

代襲相続人がいる場合は、被代襲相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本も必要になります。

戸籍謄本を役所で収集する

戸籍収集

戸籍謄本は、まず現在の本籍地のある役所で、戸籍謄本を取得します。そして、前本籍地を読み取り、前本籍地のあった役所で、過去の戸籍謄本を取得していきます。

現在の民法は、終戦後に成立した民法となりますが、昭和30年代までの戸籍は旧民法の家制度で記載されていることが多いため、戸籍の読み方には注意が必要です。

なお、一部の市区町村役場では、第二次世界大戦中の空襲により、一部の戸籍が焼失しており、戸籍を焼失した証明書が発行されることがあります。

専門家の戸籍謄本の代行取得

相続手続きのための戸籍謄本の収集は、相続人自身が行うものですがとても時間がかかり、相続人が多い場合や古い相続の場合は骨の折れる作業となります。

このような戸籍謄本や、その他相続手続きに必要な書類の収集は、当オフィスに相続手続きをご依頼頂いた際に、依頼者に代わって司法書士が代行収集をすることができます。

相続人が多い場合や、戸籍謄本の収集の時間が取れない場合などは、お気軽に当オフィスにご相談ください。

メール質問
よくある問い合せ

 

関連項目